本文へ移動

わたしたちの思い

保育理念

 私ども久福木の森保育園は、子どもたちが豊かな心を持ち、健康で明るく元気に育ってくれることが願いです。
 当園の保育方針としましては、子どもたちの自発性を大切にしながら、自主性・協調性を育み、あたりまえのことをあたりまえに捉えることができるこころ、態度、行動を身に付けてもらいたいと思います。
 そのためには、保育者が子どもたちのことを的確に理解し、生活の場としての保育の方法を工夫していくと共に、いつも子どもたちと同じ目線に立ち信頼と愛情の相互のやりとりをすることによって、個々の子どもたちに応じた適切な援助をしていく事を目標とし保育しています。

保育目標

本園のめざす子ども像

【心も体も明るくたくましい子】
健全(健康)な肉体と精神を養い、基本的な生活習慣の基礎を築く。
 
【生き生きと活動できる子】
活気にあふれ、自分の意思で行動する自主性を培う。
 
【豊かな心で仲良く遊べる子】
集団生活の中で人を思いやる心・大切にする心を育て、協調性を培う。
 
【楽しく表現できる子】
さまざまな体験を通して子どもの思考力を育み、創造性の基礎を培う。

園長ご挨拶

 久福木の森保育園は、お家で過ごしているような家庭的な雰囲気を大切にしています。家庭で学ぶことは(例えば家事を手伝う、ご飯を作ってくれた人に感謝をする、兄弟喧嘩をしたら謝る等)人が生きていく上で心の土台となるとても大切なことばかりです。家族に対して自然とできることは、他の人に対しても自然とできるようになります。子ども達が家庭で過ごす時間が少ないからこそ、保育園でも家庭で過ごす延長線のような保育をし、子ども達に豊かな心の土台を築いていくことを目標としています。

 
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0944-52-5169
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る